副業を始めたきっかけは会社の同僚

副業私が副業を始めたきっかけは、同じ会社の同僚でした。
同僚は、入社してすぐに副業を始めたみたいで、毎月3万円ぐらいの副収入を稼いでいるみたいです。

ただ、同僚が副業をしているような感じは、全くありませんでした。
飲み会にもほぼ毎回参加しますし、私の会社は残業続きになることも多いので、副業なんてそもそもできるのか疑問だったのです。

同僚にどんな副業をしているのか聞いてみると、実は自宅で副業をしているみたいです。
主に、データ入力や記事作成の仕事をしているみたいで、後はアフィリエイトにも多少取り組んでいるそうです。

それを知った私も、家に帰ってからネットで調べてみたのです。
そしたら、いろんな自宅でできる副業が表示されたのです。

私も、そろそろ副収入が欲しいと思っていたので、思い切ってやってみることにしたのです。
とりあえず、まずは簡単な記事を執筆する仕事から始めようと思い、サイトに登録しました。

そしたら、美容や健康、金融や求人といった、いろんなジャンルの記事が募集されていたのです。
1件あたり、50円から200円となっており、文字数が多かったり、高難易度の案件ほど単価も高くなっていたのです。

とりあえず、最初は簡単な記事から執筆するようにしました。
執筆した記事は、数日ほどで審査が終わり、合格なら報酬をもらうことができます。

報酬金額が一定額に達すれば、指定した銀行に振り込んでもらうことができます。
最初の1ヶ月は数千円程度の収入でしたが、慣れてくれば安定して2~3万円ほど稼げるようになりました。

同僚のおかげで、こんないい副業に出会うことができたので、本当に感謝しています。

稼ぎたいお金に応じて副業を決める

稼ぎたい副業をするにしても、どれぐらい稼ぎたいかによって、どの副業をするのがいいかも異なってきます。
例えば、月に5000円程度でもいいのであれば、それこそポイントサイトやアンケートサイトだけでも可能な金額です。

しかし、さすがに月に2万や3万円程度稼ぐのであれば、それだけではまず無理でしょう。
月に2~3万程度なら、ブログライターやWebライターとして、ある程度の記事を執筆すれば、十分稼ぐことはできるでしょう。

そして、月に5万以上となれば、より専門的なライターの仕事か、もしくはホームページやWebサイトを制作するような仕事をする必要があるかと思います。

副業としてやる以上は、どうしても使える時間は限られているので、限られた時間でより多くの収入を得るためには、やはり報酬の高い副業を選ぶ必要があるのです。

まずは、自分がどれぐらいのお金を稼ぎたいのか、それを明確にした上でどの副業をするのかを選ぶようにしましょう。
もちろん、副業に使える時間や、自分のスキルとも相談しないといけませんが。

もしも、特に稼ぎたい金額にこだわりがないのであれば、アフィリエイトのように収入が大きく変化する副業をやってみてもいいかもしれません。

アフィリエイトは、全く稼げない可能性もありますが、一方でかなりの収入が得られる可能性もあるのです。
ですから、収入が不安定でも大きな稼ぎを目指したいのであれば、そのような副業に挑戦するのもいいかと思います。

人によって、副業に何を求めるかも違うわけですし、誰もが誰も安定した収入を求めているわけではないのです。
場合によっては、副業で一発当てたいと思う人もいるわけで、それも決して間違った選択ではないのです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.